「ほっ」と。キャンペーン

業者会 in 東京

11月、この月は日本中の多くの場所で業者交換会の大会が行われる。業者交換会とは業者のみが入ることを許されている、美術品のオークションのことで、全国規模のものから一地方のものまでと幅広く存在している。基本的には業者鑑札を所持していても一見では入ることは許されない。その会に出入りしている業者の紹介や、会からの案内状がない場合は無理なのである。まして、東京美術倶楽部や大阪美術倶楽部ともなると、入会には様々な条件が必要であり、そのため倶楽部にはいることを目標として商いに励んでいる若手も多いい。
私は幸いなことに先代から参加していた倶楽部へそのまま出入りができるため、このような苦労をせずに、大きな交換会へも参加させて頂いている。

今回私が取り上げたいのは、東京で開催される交換会の一つである。この会は歴史が古く、金石、古美術のみを扱う会であり、私は縁あって二年前に入会させて頂いた。その名を尚壷会と言う。骨董に興味の有る方なら、ご存知の方も多いと思われる、繭山竜泉堂や壷中居が中心を仕切る会で、私のような鑑賞陶器を扱うものにしてみては、おそらく日本一レベルの高い交換会である。以前、寛次郎作の名品を出品しようとされた業者さんがいたのですが、新作陶芸はご遠慮くださいと丁重に断られていた。それぐらい確固たる市場なのである。
私はここの大会が特に好きだ。普段は見ることも触ることも出来ないような品が並ぶからである。今回最も記憶に残ったのは、青白磁の鉢である。普段目にするものの数倍は美しい。まるで昨日窯から出てきた様な美しさと、状態の良さ。恥ずかしい話、私は新物かもしれないと思ったほどだ。しかし結果は私の想像よりもずっと高い値段で落札された。それも声を出したのは何処も鑑賞陶器では超一流の店ばかり。私は自分の未熟さも忘れ、只々興奮していた。
やはり骨董はピンを観てなければ、扱うことはおろか、判断することさえままならないのだと実感した。あの鉢は高台まで本当にスカッとしていて、宋の気品を纏った素晴らしい物であった。
当の私はというと、中々欲しいものが買えず、悪戦苦闘。それでもそこそこの絵高麗の梅瓶など少々を落札し、一路福山へと帰ったら。
早くこの会で対等に買い物ができるようになれたらと、そんな夢を見ています。
[PR]

# by harakobijyutu | 2013-12-11 12:24

白洲信哉氏の来福


 10月27日 白洲信哉氏を福山にお呼びして座談会を催しました。

 折からの台風情報に気が気でない私。信哉氏が飛行機で来ると云うので、

飛行機が飛ぶのかどうかと連日テレビを眺めていた、、、、、が、肩透かしを

食らったみたいに当日は馬鹿陽気となり、一安心しながら一人、信哉さんの

到着する福山駅につっ立っていた。

実は、メールでは半年前から遣り取りをしてきたが、お会いするのは今日が

初めて。難しい人だったらどうしよう、苦虫つぶしたような顔で出てきたらどう

しよう。と、考え出すと限がない程に考え、少し緊張しながら氏を待った。

 「やあやあ、」と森繁バリの気さくさで現れた氏。ホッとしてこちらも笑顔でご

挨拶。少しまだ時間があるので、先に福山美術館へ尾久さんの展覧会を見

に行きたいとの事で、別れて先に会場に戻った私。

少ししてから、参加されるお客様達が少しずつ来られ始めた。

「啓君、こんにちは」と、顔見知りの方や久しぶりの方が声を掛けてくれる。

この瞬間は本当に嬉しいものだ。

 いよいよ定刻を迎え、座談会の始まり。氏も開始15分ほど前には到着され

準備は万端、お客は満員、雰囲気良好と来たもんだ。

 はじめに氏に一時間程度お話しをして頂き、休憩を挟んでから座談会へと

移る流れにしていた。氏の話は非常に面白く、祖母である白洲正子との間

での骨董の話や、祖父である小林秀雄の話になると、流石に会場の反応も

一段と上がる。私は氏の言う「その人に見合った道具が集まるものです」と云

う言葉に、深く共感しながら、しかし厳しい言葉だなぁとも思い、これからの

自分の商売人としての在り方などを考えさせられた。

 後半の座談会は本当に面白い形に成った。今まで瞑想でもしてんのかなぁ?

と想わせる感じで、目を閉じ真剣に聞き入っていた人たちが、目を輝かせながら

白洲氏に質問を投げかける。間で、その質問に乗っかる人もいれば、手前みそ

ですが、と最近自分が購入した骨董を見せ始める人まででた。

 個人的に大成功である。骨董によって繋がる空間がここに生まれていた。


 その後、私は白洲氏を店へと案内し、色々と雑談に華を咲かせた。

それにしても氏は今回のように一骨董屋に呼ばれて、講演をしたのは初めてだ

そうで、少しやり難かったらしい。というのも、私からのリクエストが骨董の入門

者に向けて話をして欲しい、とのお願いだったのですが、目の前に座っている

方々が一目見て、もう何年の骨董を買ってる人たちだったからです。私は少し

申し訳ない感じの言葉と、本当に感謝しているとの気持を告げた。


今年は本当に面白かった。来年はどなたを呼ぼうか。
[PR]

# by harakobijyutu | 2013-11-05 13:57

2013 台湾

 寒い寒いと嘆いてい居ても仕方がないので、暖かい台湾へ小旅行に行くこととしました。

今年は早くから初売りを始めたこともあり、御蔭さまで一月はそこそこの結果と成り喜んでおります。

なので今月に休みを振替、台湾へ行くことに致しました。小生初めての台湾であり、非常に楽しみに

しております。故宮へも顔を覗かせようと考えている次第です。

 ただ一番の楽しみは何と言っても旧正月であります。なんでも向うは、パイナップルなんかも正月

飾りに使うようで、やはり所変わればでございます。それでは楽しんで参ります。

 掘り出し物に出会えましたら、皆様にご覧頂こうと思いますので、その節はこう御期待下さいませ。
[PR]

# by harakobijyutu | 2013-02-05 13:17

東京アンティークフェア2012


 最近告知ばかりで、個人的には本当に申し訳なく思っています。

 さて、きたる6月の中旬に、東京美術倶楽部において、東京アンティークフェアが開催されます。私原古美術

ものこのこと福山から出店する運びとなりました。

 今回のテーマは「中国陶磁に遊ぶ」です。近年世界的に評価が高まり、注目を集めている中国陶器。しかし

大半は投資目的であるようにも見受けられます。そんな中に在って、今回はあえて「遊び」に視点を置き、中

国陶磁の魅力を少しでもお見せできればと考えています。元来日本の数寄者は古いもので遊ぶ、と云うこと

を実践していたように私は思います。来店頂いたお客さまの一人でも多くの方が、この陶器で遊んでみたい、

使ってみたい、という感覚になって頂ければ幸いです。

 詳細は日を追って更新して行きますので、よろしくお願いします。
[PR]

# by harakobijyutu | 2012-04-13 14:24

備後骨董市


 去年のこと、FM福山の局長が来店され、一緒にあたらしい試みをしないかと持ちかけられた。

内容はこう、you tubeを利用して新しい骨董のサイトを作らないか?というもの。私も面白そうと思い、共同

で行い、この度晴れてスタートとなった。

 いろいろとここで書くより観てもらうのが一番なので、一度ご覧になって頂きたい。私の説明に誤りなどあり

ましたら、遠慮せずにどしどしご教授くださいますよう、宜しくお願いします。


 FM福山           http://fm777.co.jp/pc/index.html
[PR]

# by harakobijyutu | 2012-04-10 11:50