白洲信哉氏の来福


 10月27日 白洲信哉氏を福山にお呼びして座談会を催しました。

 折からの台風情報に気が気でない私。信哉氏が飛行機で来ると云うので、

飛行機が飛ぶのかどうかと連日テレビを眺めていた、、、、、が、肩透かしを

食らったみたいに当日は馬鹿陽気となり、一安心しながら一人、信哉さんの

到着する福山駅につっ立っていた。

実は、メールでは半年前から遣り取りをしてきたが、お会いするのは今日が

初めて。難しい人だったらどうしよう、苦虫つぶしたような顔で出てきたらどう

しよう。と、考え出すと限がない程に考え、少し緊張しながら氏を待った。

 「やあやあ、」と森繁バリの気さくさで現れた氏。ホッとしてこちらも笑顔でご

挨拶。少しまだ時間があるので、先に福山美術館へ尾久さんの展覧会を見

に行きたいとの事で、別れて先に会場に戻った私。

少ししてから、参加されるお客様達が少しずつ来られ始めた。

「啓君、こんにちは」と、顔見知りの方や久しぶりの方が声を掛けてくれる。

この瞬間は本当に嬉しいものだ。

 いよいよ定刻を迎え、座談会の始まり。氏も開始15分ほど前には到着され

準備は万端、お客は満員、雰囲気良好と来たもんだ。

 はじめに氏に一時間程度お話しをして頂き、休憩を挟んでから座談会へと

移る流れにしていた。氏の話は非常に面白く、祖母である白洲正子との間

での骨董の話や、祖父である小林秀雄の話になると、流石に会場の反応も

一段と上がる。私は氏の言う「その人に見合った道具が集まるものです」と云

う言葉に、深く共感しながら、しかし厳しい言葉だなぁとも思い、これからの

自分の商売人としての在り方などを考えさせられた。

 後半の座談会は本当に面白い形に成った。今まで瞑想でもしてんのかなぁ?

と想わせる感じで、目を閉じ真剣に聞き入っていた人たちが、目を輝かせながら

白洲氏に質問を投げかける。間で、その質問に乗っかる人もいれば、手前みそ

ですが、と最近自分が購入した骨董を見せ始める人まででた。

 個人的に大成功である。骨董によって繋がる空間がここに生まれていた。


 その後、私は白洲氏を店へと案内し、色々と雑談に華を咲かせた。

それにしても氏は今回のように一骨董屋に呼ばれて、講演をしたのは初めてだ

そうで、少しやり難かったらしい。というのも、私からのリクエストが骨董の入門

者に向けて話をして欲しい、とのお願いだったのですが、目の前に座っている

方々が一目見て、もう何年の骨董を買ってる人たちだったからです。私は少し

申し訳ない感じの言葉と、本当に感謝しているとの気持を告げた。


今年は本当に面白かった。来年はどなたを呼ぼうか。
[PR]

by harakobijyutu | 2013-11-05 13:57