<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

白磁が呼ぶ希望


「こんなこと言うと、普通みんな嘘だと思うんだけど、実は俺面白いものを持ってんだ。」

 北京で知り合った骨董商と二人、夕食を食べていた時だ。急に彼がこんなことを言い出した。

「ナンですか?面白いものって。もちろん骨董ですよね。」
 自分でも馬鹿な応答だと知りなが、酒を飲みつつ答えた。

「あたりまえだよ、骨董だよ。実は隋の白磁を持ってんだ。」
 彼も少し赤い顔をしながら、僕を見てこう続けた。
「白磁っていっても半陶半磁じゃあないぜ、バリバリの磁器だよ。あ、もう信じてないだろ。」
 
 彼が言うには現在、中国でたった一種類だけ隋の白磁器が確認されているらしい。にわかには信じがたい。だって隋だ。唐の白磁だって僕が知ってるのはクリーム色の半陶半磁である。
それより以前の時代に磁器があるはずがない。あったら唐代は磁器を大量に生産していてもおかしくないだろう。

「まあ、今度見せてあげるよ。」
 彼はそういい、僕達はこの夜分かれて家に帰った。

 それから10日ほど、僕は北京を離れ、別の街を旅行していた。そのときも頭の片隅に隋の白磁がべったりとくっついて離れない。いろいろな骨董屋で聞いてみたが誰も知らない。知らないどころか「そんなものは無い」と言われる始末。自分自身あたりまえだと思ってしまう。
 
 北京に帰り、その足で彼の店を訪ね是非見せてもらおうと伺った。
 彼はいつもどうりの感じで
「いいよ、これがそうだよ。」
 と、くだんの隋の白磁を見せてくれた。

 高さ10センチもないほどの湯のみ、というかコップのようなもの。口台もしっかりしていて、べた口台ではない。紛れも無い磁器だ。質感は僕の感じでは、嘉靖白磁をすこし柔らかくしたような感じに思えた。作りも非常に薄く、光にかざすと光を通すほどだ。たしかに美しい、時代も感じる。しかしこれだけでは隋と信じる確証がなければなんとも言いがたいものだ。
 彼はそんな僕を察したのか、一冊の本を出してきた。その中に、同手の写真があり、下に隋時代と書かれている。

 彼が言うにはこうだ。この本は中央が出しているもので、近年、研究されたものがたくさんのっているそうだ。隋の白磁は中でも珍しいもので、自分も一つしか持っていないから誰にも売る気はない、とのこと。この物を知ってる骨董屋は中国でも少ないが、この窯の付近の骨董屋なら結構知ってる人もいるそうだ。

 本を見ながら聞いているうちに、このものが隋なのだろう、という感じがしてきた。

 中国には良い骨董品はほとんどない、今回の旅でそのことをいやと言うほど思い知らされていた僕に、わずかな、しかし確かな光が見えたような気がした。
 中国には、まだ中国人もほとんど知らないようなものが存在する、という事実。そして、少しずつではあるが、それらが研究によりわかってきているという事実。

 僕には、この光を通す隋の白磁が、中国骨董の明るい希望の光まで通しているように感じた。
 
[PR]

by harakobijyutu | 2007-09-09 22:44

告知

文人の秋 茶道具展
茶を愛するもの達へ贈るモノタチ
2007,9月25日(火) → 9月30日(日)

今回で第3回目となる茶道具展。この度は煎茶道具だけでなく、茶の湯の道具もご用意しました。是非、足をお運びください。
[PR]

by harakobijyutu | 2007-09-04 17:26

北京偽曲


「中国にはいい骨董品なんてほとんどないよ。」

 北京に店を構えて11年になるという主人は、こう切り出してきた。
実際、今回北京に来て驚いたのは圧倒的な贋物の量だ。朝陽区の南に古玩城という、骨董屋が100軒以上は入っているモールがある。自分の力量ではまだまだ判別の難しいものや、見た瞬間にわかるような贋物まで、ありとあらゆるものがある。

主人は更にこう言う。
「この3,4年で骨董屋が100倍以上に膨れ上がっちゃってね、まったく嫌になるよ。」

 近々、道路を挟んだ向かい側に、8階建ての古玩城ができる。規模はざっと見てもここの3倍以上だ。別の骨董通りも改装中、とてつもない骨董ブームである。

「たまに本物が出るとスゲー高いんだよ。とてもじゃないけど買えないよ。」
彼は年々難しくなる、中国の状況を憂いているように呟いた。

 ようするに、現在の中国、空前の好景気の中で大量の金余りが起きている。すると自然と関心が美術品に集まり、とんでもない高値の骨董品が出現してくる。これに押される形で贋物もでてくる。おまけに中国にはほとんど状態のいい本物が存在しない。値段は上がる一方。と、こういうわけだ。
 しかし、ものは考えようである。たしかにいいものは高い。これはどの世界にも通用していえることである。では中国の骨董界で高いものとは何か?それは中国人が求める古美術品である。
ならば中国人の関心が余り高くないもの、これに焦点を当てれば安くても良い物があるはずである。此処から先は、皆さんで考えて欲しい。
 我こそはと、眼力に自信のある方は是非、中国へ行かれてみては如何だろうか?
[PR]

by harakobijyutu | 2007-09-03 14:45