<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

山口物語

 日に日に寒さが増してくる。こんな時分には煩わしいことを投げ捨てて温泉へでも行ってやろうじゃないか、と思うのは僕だけだろうか?温泉、そうそう温泉といえば前にこんな出来事があった。
 
 もう3~4年は前のことだが、家族で山口の温泉へ一泊二日の旅行へ出かけた時だ。これといった見どころがあるような街でもなく、お宿でのんびりくつろいでください。そんな感じの街で、個人的には結構好きな感じ。温泉へ真っ先に入り、浴衣に着替え、ちょっくら街を探索してやろうと決め込んだ。折角だからとフロントへ行き骨董屋の場所を聞く。すると大道りをすこし右手に沿って行けばありますよ、といわれ、いかにも温泉旅行者といった感じで店を探した。本当にすぐ見つかった。というのも外観が非常に珍しいのだ。お城のような店構えをしているのだ。ひょっとするとこれを読んで分かった人もいるかも知れない。それぐらい目立つ店構えなのだ。
 
 「こんにちは、ちょっと見せてください。」

 店に入ると骨董品が所狭しと飾ってある。古伊万里のお皿や、古銅の水盤、唐木の飾棚に大きな徳利。とにかく色々ある。ぐるっと見ている僕の目に一つの焼き物が飛び込んできた。

 志野の火入れ である。

 ガラスケースの中へちょこんと行儀良く、志野が座っていた。
 「すいませんが、あれを見せて頂けますか?」
 僕がこう尋ねると、店の女主人は快く応じてくれ、ケースから志野を取り出して見せてくれた。

 早速裏を見る。真赤だ、口台が真っ赤なのだ。時代の感じもいい。上がりもけして悪くない。
そう、これは僕の目に狂いがなければ「正真正銘桃山の志野」である。
 しかし待て、「桃山の志野」なんてものがそんなに簡単に目の前にあって良い訳がない。おそらくこれは僕の欲が目を暗ましているだけで、本当はもっと時代が下るもの、、、(しばし眺める)
いやいや、これはどう見ても桃山ある!!そうだ!!聞けばいいのだ。

 「すいません、この火入れはどれくらいするものですか?」

 僕は少し緊張しながら、値段を聞いてみた。すると、

 「すいません、それは主人がこないだ仕入れたもので、なんでももっか研究中だからって、値段はまだ決めてないんですよ。」

 なな!!なんと!!
 するとこの女性はどうやら女主人ではなく、ここの主人の奥方なのだろう。しかも主人は現在留守、もっか研究中と云う事で値段はまだ決まっていない。おそらく主人も桃山かも知れぬ、という感覚が頭を持ち上げてきているのであろう。

 これは好機、ではあるまいか。

 僕は自分が骨董屋であることを奥方に告げ、是非これくらいの値で分けてほしいと交渉をし始めた。しかし奥方は私の一存では決めかねる、の一点張りで交渉の場にあがってこず、結局僕はあきらめて店を後にした。
 その日は温泉にもう一度浸かりながら、あらためて骨董の面白さを噛みしめていた。あれはやっぱり、桃山の志野、だったのだろう。
[PR]

by harakobijyutu | 2007-12-18 18:35

鉄斎

 僕は毎月6.7日と大阪へ買い付けに行っている。いつ行っても緊張感がある場所で、自分としては嫌いではない。今回は下見の段階で鉄斎を発見。状態はすこぶるいいし、物も間違いないと自身の持てる物である。ホテルに帰り独り値段を決める。この時間は非常に好きだ。
 
 いざ本番である。大阪は日本一セリが速いところで、一つの物が大体10秒も掛からずに決まる。そのためよそ見はできない。僕のようなものは売り番が近づいてくるだけで心拍数が上がり始め、それはもう言葉では云う事の出来ない緊張感が体に巻きつき、いつも肝心な時に声が上ずったり、出なくなったりする。しかし今回は鉄斎である。僕は昔から鉄斎が好きで、一度扱ってみたいと、一人勉強を重ねていた。おまけに今回のは自分自身腹に入っているほどに自信のある物だ。

 退くわけにはいかない。

 頭の中で何度かつぶやき、いよいよである。
「はい、これ鉄斎~万円から!!」
「~万円!!、~万円!!」
 値段は予想どうり凄い速さで上がる。緊張のピークである。

「~万円!!」
 僕は自分の決めていた最高金額を叫んだ、


が、

「五万円!!」
 一瞬にして上が来た。(この五万円はプラス五万円、という意味です。)
 するとまた次の瞬間
「~万!!!!」
 僕の二人前の席に座っている人が乗ってきた。

そして一瞬空気が止まった。交換会ではよくあることだ。大体この次の瞬間決まる。つまり僕の二人前に座っている人の所へ落ちる。よくあることだ。やっぱり、鉄斎は高い。僕のような若造が買うにはまだ早い、、、、、、

「五万円!!!!」
 止まった空気を切り裂くように、ここを勝負と僕は声を上げた。

「~万円で原さん。」

落とした。この僕が鉄斎を落とした。少し自分でも驚いた。いつもなら完全に退いているところを、設定より高すぎたとかなんとか自分にいいこと言って退いていたところを落とした。何とも言えない感覚が体を駆け抜ける。 

 それからすぐに今度は言いようのない不安が襲ってくる。果たして自分の買った値は高すぎやしないか?そもそもこの鉄斎、物は良いのだろうか?次々に善からぬことを考える。その時後ろから一人の先輩に声をかけられた。
 「えーもん、買うたなあ」
 嬉しかった。不安も消え、本当にホッとした。
 店に帰り、社長に見せると、社長も
「こりゃあ、ええ鉄斎じゃのう。」
 と云う。

あー本当に良かった。気になる人がいれば連絡ください。
[PR]

by harakobijyutu | 2007-12-17 18:05

雪舞う季節に砂が舞う

 何だこれわ!!
 
 うちの店のショウウインドウの前に大量の砂が捨ててあった。横にはスーパーのレジ袋。そのレジ袋もほぼパンパンに砂が入っている。 

 ふんぎゅいいいいいいい!!

 どう説明すれば理解して頂けるだろうか?福山という町は大都会ではないがそこそこの町である。ましてやうちの辺りは目の前にバス通りが走っており、交差点の角地でもあって、いくら人通りが少ないからと云ってもこれだけの砂を運ぶには人目に付くであろう。すぐ傍にサツキの植えてある小さな花壇のような場所があるのだが、そこの土とは明らかに色が異なる。
 つまり、どこの誰だか知らないが、わざわざスーパーの袋へ砂を入れ、うちの店の前へまで運んで、それから撒いた。そういうことになる。おそらくは人目を気にして車で来たのだろう。
 とまあ、そんな推理は他へ置いといて、とにかくうちのショウウインドウの前は砂まみれであり、
僕はそれを撤去するのに結構な時間をくってしまった。

 目撃をしたのはショウウインドウに飾られている、李朝の台鉢と竜壷、彼らだけであろう。

 一体どういう思いでこのような行動を起こされたのか、理解する気もしないが、こういう心無い行動はやめてほしい。
[PR]

by harakobijyutu | 2007-12-08 19:21