東京アンティークフェア2012


 最近告知ばかりで、個人的には本当に申し訳なく思っています。

 さて、きたる6月の中旬に、東京美術倶楽部において、東京アンティークフェアが開催されます。私原古美術

ものこのこと福山から出店する運びとなりました。

 今回のテーマは「中国陶磁に遊ぶ」です。近年世界的に評価が高まり、注目を集めている中国陶器。しかし

大半は投資目的であるようにも見受けられます。そんな中に在って、今回はあえて「遊び」に視点を置き、中

国陶磁の魅力を少しでもお見せできればと考えています。元来日本の数寄者は古いもので遊ぶ、と云うこと

を実践していたように私は思います。来店頂いたお客さまの一人でも多くの方が、この陶器で遊んでみたい、

使ってみたい、という感覚になって頂ければ幸いです。

 詳細は日を追って更新して行きますので、よろしくお願いします。
[PR]

by harakobijyutu | 2012-04-13 14:24

備後骨董市


 去年のこと、FM福山の局長が来店され、一緒にあたらしい試みをしないかと持ちかけられた。

内容はこう、you tubeを利用して新しい骨董のサイトを作らないか?というもの。私も面白そうと思い、共同

で行い、この度晴れてスタートとなった。

 いろいろとここで書くより観てもらうのが一番なので、一度ご覧になって頂きたい。私の説明に誤りなどあり

ましたら、遠慮せずにどしどしご教授くださいますよう、宜しくお願いします。


 FM福山           http://fm777.co.jp/pc/index.html
[PR]

by harakobijyutu | 2012-04-10 11:50

アートフェア東京2012 B-16

 
 はじめに、今回私どものブースに足を運んで頂いた、全ての方々に感謝します。本当にありがとうございま

した。

 

 採遊記を始める前に、ひとつ説明をしたい。(有)原古美術店は、鑑賞陶器を中心とする原古美術と、現代

作家、プリミティブアートなどを中心とするスペース甦謳る(ソウル)の二店舗で運営されている。今回のアート

フェア東京2012はこのスペース甦謳るが力を入れている作家、川埜龍三の立体、平面作品と原古美術の所

蔵品である、中国の古陶磁を共同展示させることによって生まれる、一つの空間を展示することにあった。テ

ーマは「遺るものの力」である。私個人の考えにも、以前から「古美術と現代アートは共存できるものである」と

いう考えがあり、そこに川埜龍三さんからも作品を出してよいと言う返事を頂き、出店という運びになったの

だ。


 3月28日  早くに東京へ入り、会場へも2時間以上前に到着した。国際フォーラム、その箱は非常に大きく

て、中では多くの人間がブースの下準備にとひっきりなしに動いていた。これも大東京においては、ほんの一

部にしか過ぎない場面なのだろうが、地方の福山から出てきている私にとっては、まるで巨大な町おこしのプ

ロジェクトのように目に映った。

 会場入り前、作家龍三さんとセイカさんとも合流し、私と弟の4人で入る。今日はこれからブースの設営、展

示の準備である。「壁を今回は金で行く」との龍三さんの意見に賛同し、みんなで壁をつくる。慣れない作業で

はあるが、いい展示にしたいという思いで設営に携わった。古美術の世界で生きている私にとっては、ほぼ初

体験であり、なんだか龍三さんに申し訳なくもあった。

 いざ出来上がると、白けた空間にぐっと趣が出来、個人的には秀吉の茶室のような空間にも思えた。
b0120022_17404243.jpg
3月29日 午前8時から準備、設営。午後の4時からはVIP限定のファーストチョイスがはじまる。照明の設

置のためだけに、モリさんが駆けつけてくれ、いろいろな助けを貰いながら、なんとか4時に間に合った。

 会場全体へのアナウンスが入る。「各ブースの皆さま、お客さまのお出迎えを宜しくお願い致します」

いよいよである。

 その後から4月1日 多くのお客さんが入れ替わり立ち替わり、ブースへ見に来てくれた。作品を目にしたと

たん顔が崩れて、ニンマリとなり子供のように見入る人、眼を見開いて興奮気味に見つめる人、ただ立ち尽くし

てしまう人。その誰もがこのB-16ブースに酔いしれてくれている感じが伝わり嬉しい。


b0120022_17412397.jpg


 
 

 原古美術のブースは、個人的な思いもあるが、そうとうインパクトの強い、それでいて内容もしっかりと備わ

ったブースになったと思う。いうならば「大人の秘密基地」のような空間であり、「贅沢に好きなものだけを集め

た部屋」となった。正直ここにソファを置いて座り、ウイスキーか何かいっぱいやりながらゆっくり眺めれたら

最高である。「遺るものの力」とは「良いものは良い」という根本に前提を置き、ならば2000年前のものでも

いま作られたものでも、必ずまた、後世に遺るものとなりうる、ということ。

 しかし本当にいい空間です。一杯やりたかったなこの中で。

 最後に、今回の展示を快く引き受けてくださった、作家川埜龍三さん、並びにセイカさん。そして会場の設置

に尽力くださったモリさんや搬出に来てくださった皆様、本当に感謝します。

 そして改めて、会場に来てくださった多くの皆さまに質問です、龍三良いでしょ?応援してやってください。
[PR]

by harakobijyutu | 2012-04-05 17:43