タグ:中国 ( 4 ) タグの人気記事

俑 1


 もう何年も前の話だ。中国へ長いこと留学をしていた。正月とか盆には日本へ帰るように決めていた私は、その年も、盆に日本へ帰っていた。帰ってから考えることといえば、今度はどうやって、昆明(私が住んでいた中国の都市)へ帰ろうか?という算段ばかりである。というのも、日本へ帰る時はいつもなるべく速く帰りたい、という欲望に駆られいつも飛行機を使って数時間で帰ってしまう。それに比べて何故か中国へ出向くときにはのんびり中国を周って、昆明へ到着しよう、という欲望に駆られるのだ。

 そんなこんなで今回選んだルートは、

 蘇州号(国際フェリー) 大阪→上海 約2日間 
 
 列車            上海→蘇州 約1時間
 
 列車            蘇州→長沙 時間?

 列車            長沙→貴陽 時間?

 列車            貴陽→昆明 時間?

 こんな感じ。時間的には最長二週間くらいにしようと決定。一体どうなるのだろう?と思いながら、家を後にした。

 蘇州号。
 この船は特等、一等、二等、雑魚寝、とまあ、こんな感じに分かれていて、僕は雑魚寝が嫌だったので二等にした。一部屋に二段ベットが二つ、計四人が宿泊する形になっている。ベットにはカーテンがあって、完全に一人になることも可能。これは嬉しい。
 ちなみに後で雑魚寝部屋を見に行ったが、一部屋20畳くらいの何もない空間があり、そこへ各々布団を敷いて寝る、といった感じでした。なんというか合宿を思い出す、そんな空間であります。
 ほかにも食道、ラウンジ、大浴場に大広間、と設備がいろいろとあるが、ハッキリ言ってすぐに飽きる。そこで自然発生的にいろいろな人との交流が始まる。私も何人かの旅行者と仲良くなり、その中の一人と一緒に旅を続けることになった。

 上海
 この話の舞台。そう、上海で話は始まる。浦東、というバックパッカーにとっては聖地のようなホテルがあり、そこは一日50元で泊めてくれるという格安。大きな部屋にベットが等間隔に並べてあり、服務員にベットを割り振られる。私は確か奥から二番目のベットだったのを覚えている。
安全面を気にする方もいるかもしれないが、基本的にこういったドミトリー、という形の宿泊場所ではほとんど盗難が起こらない。というのも起こすとこういった形が崩壊するからだ。そうなるとこれ以上安いホテルは上海に存在しなくなり、安い旅をしようと思う者たちにとって、これほどの痛手はないからだ。 
 屋根裏部屋に設けられたドミトリーの部屋には、まぶしいくらいの日差しが差し込み、個人的には非常に気に入ってしまった。                             
                                                  続く
 
[PR]

by harakobijyutu | 2008-02-13 11:39

ラオシャン

 今回の旅行中、個人的に楽しみにしていた計画の一つに、青島でのビール祭りがあった。
青島は元々ドイツの租借地であり、そのためかビールの造り方を叩き込まれているような街である。その青島で毎年8月にビール祭りを行っている。売り文句はこうだ、「アジア最大のビール祭り」。僕はその言葉にまいってしまい、一体アジア最大とはどのようなものなのか?ビールのプールがあったりするのか?などと、アホな想像をかきたてながら青島へ向かった。
 結果は、台風。野外のためバンバン降ってくる雨に体中べとべとになりながら、さまざまなビールの会場を見てまわった。このビール祭りは一社ごとにブースを設けており、各ブースごとにいろいろな趣向がこらされている。例えば、歌手がきていたり、カラオケステージになっていたり、b0120022_17161068.jpg踊りがあったり、いろいろだ。僕はドイツの一番古いビールを作っているという会場に入り、ビールを注文した。
 結果、ぬるい。雨のせいか人もまばらで、なんだか少し寂しくなってきた。青島の友達が、明日は晴れるから、気分変えてラオシャンでも行かないか?と誘ってくれた。(その友達自体、ビールがあたったのか腹をこわしてトイレばかり探していた。)

 翌日、台風一過で空は嘘のように綺麗なブルーだった。僕達はバスにゆられ、乗り合いタクシーにゆられ、ラオシャンへ向かった。ラオシャンとは道教の聖地の一つで、中国ではビール祭りより、こっちのほうが有名なところらしい。
 着いてみて驚いた。非常に美しい。清流、その言葉がぴったり当てはまる景色が広がり、深い谷と緑の木々、そして青い空とえもいわれぬ巨大な石や岩の連なり。         b0120022_1724612.jpg                                                                                                                               ところどころの大きな岩には文字が彫られていて、それがまた中国文化の匂いを強烈にはなっている。大きな滝のそばに茶店があり、そこでお茶を飲む人なんかもいて、本当にすごくいい。
「ああ、やっぱり中国はビールなんかよりお茶にかぎるなー」、とつくづく思わされた。

 みなさんも、青島へ行かれる際には是非ラオシャンへ行ってみてください。
[PR]

by harakobijyutu | 2007-10-04 17:24

白磁が呼ぶ希望


「こんなこと言うと、普通みんな嘘だと思うんだけど、実は俺面白いものを持ってんだ。」

 北京で知り合った骨董商と二人、夕食を食べていた時だ。急に彼がこんなことを言い出した。

「ナンですか?面白いものって。もちろん骨董ですよね。」
 自分でも馬鹿な応答だと知りなが、酒を飲みつつ答えた。

「あたりまえだよ、骨董だよ。実は隋の白磁を持ってんだ。」
 彼も少し赤い顔をしながら、僕を見てこう続けた。
「白磁っていっても半陶半磁じゃあないぜ、バリバリの磁器だよ。あ、もう信じてないだろ。」
 
 彼が言うには現在、中国でたった一種類だけ隋の白磁器が確認されているらしい。にわかには信じがたい。だって隋だ。唐の白磁だって僕が知ってるのはクリーム色の半陶半磁である。
それより以前の時代に磁器があるはずがない。あったら唐代は磁器を大量に生産していてもおかしくないだろう。

「まあ、今度見せてあげるよ。」
 彼はそういい、僕達はこの夜分かれて家に帰った。

 それから10日ほど、僕は北京を離れ、別の街を旅行していた。そのときも頭の片隅に隋の白磁がべったりとくっついて離れない。いろいろな骨董屋で聞いてみたが誰も知らない。知らないどころか「そんなものは無い」と言われる始末。自分自身あたりまえだと思ってしまう。
 
 北京に帰り、その足で彼の店を訪ね是非見せてもらおうと伺った。
 彼はいつもどうりの感じで
「いいよ、これがそうだよ。」
 と、くだんの隋の白磁を見せてくれた。

 高さ10センチもないほどの湯のみ、というかコップのようなもの。口台もしっかりしていて、べた口台ではない。紛れも無い磁器だ。質感は僕の感じでは、嘉靖白磁をすこし柔らかくしたような感じに思えた。作りも非常に薄く、光にかざすと光を通すほどだ。たしかに美しい、時代も感じる。しかしこれだけでは隋と信じる確証がなければなんとも言いがたいものだ。
 彼はそんな僕を察したのか、一冊の本を出してきた。その中に、同手の写真があり、下に隋時代と書かれている。

 彼が言うにはこうだ。この本は中央が出しているもので、近年、研究されたものがたくさんのっているそうだ。隋の白磁は中でも珍しいもので、自分も一つしか持っていないから誰にも売る気はない、とのこと。この物を知ってる骨董屋は中国でも少ないが、この窯の付近の骨董屋なら結構知ってる人もいるそうだ。

 本を見ながら聞いているうちに、このものが隋なのだろう、という感じがしてきた。

 中国には良い骨董品はほとんどない、今回の旅でそのことをいやと言うほど思い知らされていた僕に、わずかな、しかし確かな光が見えたような気がした。
 中国には、まだ中国人もほとんど知らないようなものが存在する、という事実。そして、少しずつではあるが、それらが研究によりわかってきているという事実。

 僕には、この光を通す隋の白磁が、中国骨董の明るい希望の光まで通しているように感じた。
 
[PR]

by harakobijyutu | 2007-09-09 22:44

北京偽曲


「中国にはいい骨董品なんてほとんどないよ。」

 北京に店を構えて11年になるという主人は、こう切り出してきた。
実際、今回北京に来て驚いたのは圧倒的な贋物の量だ。朝陽区の南に古玩城という、骨董屋が100軒以上は入っているモールがある。自分の力量ではまだまだ判別の難しいものや、見た瞬間にわかるような贋物まで、ありとあらゆるものがある。

主人は更にこう言う。
「この3,4年で骨董屋が100倍以上に膨れ上がっちゃってね、まったく嫌になるよ。」

 近々、道路を挟んだ向かい側に、8階建ての古玩城ができる。規模はざっと見てもここの3倍以上だ。別の骨董通りも改装中、とてつもない骨董ブームである。

「たまに本物が出るとスゲー高いんだよ。とてもじゃないけど買えないよ。」
彼は年々難しくなる、中国の状況を憂いているように呟いた。

 ようするに、現在の中国、空前の好景気の中で大量の金余りが起きている。すると自然と関心が美術品に集まり、とんでもない高値の骨董品が出現してくる。これに押される形で贋物もでてくる。おまけに中国にはほとんど状態のいい本物が存在しない。値段は上がる一方。と、こういうわけだ。
 しかし、ものは考えようである。たしかにいいものは高い。これはどの世界にも通用していえることである。では中国の骨董界で高いものとは何か?それは中国人が求める古美術品である。
ならば中国人の関心が余り高くないもの、これに焦点を当てれば安くても良い物があるはずである。此処から先は、皆さんで考えて欲しい。
 我こそはと、眼力に自信のある方は是非、中国へ行かれてみては如何だろうか?
[PR]

by harakobijyutu | 2007-09-03 14:45