タグ:重森三鈴 ( 1 ) タグの人気記事

建設ラッシュ


 いま、私の店の姉妹店、スペース甦謳る(soul)において、東海道五十三次の展示即売会をしている。広重の描いた東海道は1830年代であり、今から約170年ほど昔の景色である。無論今のように電線もなければビルやマンションもない。広がる景色の向こうに富士山がそびえている。中にはいまでも田舎のほうへ足を延ばせば、ないことは無いかもしれないような小屋なんかもある。

 それにしてもここ最近のマンション建設の凄まじいこと。この福山でもここ2,3年の間に非常に多くのマンションが建設された。こんなに速いスピードで景色が変わることは今まであったのだろうか?いまもうちの近所だけで、4.5件建設が進められている。その内の1件を見るたびに、私は一つのことを思い出す。
 何年か前、私は社長と一緒にあるお客の家へ招かれた。亡くなったご主人が大層な骨董好きで、沢山の骨董品を収集されていたのだ。招かれた家は正直どこにでもある感じの一軒家で、本当にこんな家に良い古美術品があるのかと疑ったのを覚えている。
 「まあまあ、おひさしぶりです。どうぞなかへ。」
 奥さんが玄関口から中へと案内をしてくれた。

 どう、表現すればよいのだろうか?簡単に言うなら壷中天、この一言に尽きる。表からはなんてことない、モルタル造りの一軒家だったのだが、中に入るともう一軒、数寄屋建築の家があったのだ。庭は重森三鈴。ただただ驚いてしまった。よく数寄者には変わった人が多くて、人に自分の物を見せたがらない人もいると聞いていたがここまで徹底している人も居るものなのだと、
本当に感心した。三鈴の庭には日が少し差し込み、何とも言えなく美しい。最後に奥さんからお茶を振る舞って頂き、庭を見ながら飲んだ事を思い出す。

 そんな素晴らしい空間の南に大きなマンションが建つ。おそらくもう、あの三鈴の庭には日が差し込まないのではなかろうか?いつもそのあたりを通る度に、私は考えてしまうのだ。もう一度、機会があればお邪魔したいお家である。
[PR]

by harakobijyutu | 2008-02-23 17:33