シュバルのお城

 私の好きな人間の一人に水木しげるがいる。もちろん会ったことは無いけれど、いつか会えそうな気がしている。その彼の本の中にシュバルの話が出てきた。

 フランスの片田舎に住んでいた彼は真面目に働く郵便局員で、毎日郵便を配達していた。ある日、配達の最中につまずいた石を堀起こしてみると、これが非常に面白い形をしていた。以来彼は石集めを始め、その後一生を懸けて集めた石で己の求めるお城を築いた。

 これは面白い。しかもこれは事実である。私はその年フランスへ行く予定にしていたので、早速場所を調べてみた。、、、、、、、、結構遠いい。
 しかし、イリ・サラ・ソルジェの近くでもある。私はもともとここへ行くようにしていたので、気軽な感じで寄り道しようと考えた。ちなみにイリ・サラ・ソルジェと言う街は面白い街で、おそらく人口1万人にも満たないような小さな街だが、骨董屋の数は300を超えるというまずもって地球上でここしかないような面白い街である。
 
 アビニョンからイリ・サラ・ソルジェまではバスがあり、難なく来ることができた。問題はここからだ。シュバルの街へはなんと公共の交通機関が存在していない。私は仕方なく一番近い街まで出ているバスに乗り、そこで一泊休み考えることにした。その街にはもうシュバルの城のビラなんかも有って、これならツアーバスみたいなもんが有ってもいいような気もしたがやっぱり無い。しょうがないので最後の手段であるヒッチハイクにでた。猿岩石もやってんだ、私に出来ないことはない。、、、、、、、、、、、、、辛い。
 車社会と言うべきか、大陸のせいなのか、乗せてはくれるんだけどとんでもないとこで下される。ここで本当に次の車が来るのか?そんな疑問が自然に湧いてくるような場所で下してくれる。計6時間、計5回、人々の優しさに支えられて、私は約50キロの道のりを移動し、シュバルの城へたどり着いた。

 とんでもなド田舎にも関わらず、シュバルのお城の周りだけは、日本の第三セクターも顔負けのきっちりした設備ができており、土産物屋や、ガイド情報、レストランなどが集まっていた。
 私は少し複雑な気持ちになった。シュバルが存命の時、街の人々は彼を病気扱いし笑い物にしていた。しかし笑われても気にせず一人作り続けた彼のお城は、今やこの街の大きな観光収入源へと変貌していたからだ。それにしても速く実物が見たい。

 驚いてしまった。これだけ驚いて建造物を見たのは小学生の時に見た金剛力士像以来かもしれない。本当に素晴らしいの一言である。これは本当に残して、巨大な古美術として守り続けてほしい。今回あえて写真は入れません。見たい方は是非行ってあげてください。シュバルが残してくれた素晴らし作品を目にすることが出来ますよ。
[PR]

by harakobijyutu | 2008-05-02 21:44